〒263-0031
千葉市稲毛区稲毛東3-8-19中元中央ビル2階

043-247-3230
皮膚科専門医JR総武線 稲毛駅西口 徒歩2分

千葉県,稲毛区、稲毛駅前の一般皮膚科、小児皮膚科のわかば皮膚科。 アトピー、あせも、蕁麻疹、水虫

HOMEお知らせスタッフのご紹介当院のご案内交通案内

小児皮膚科

わかば皮膚科
モバイルサイトQRコード

つが皮膚科

若葉区にあるつが皮膚科です。
若葉区周辺の方はこちらへどうぞ。

HOME»  小児皮膚科

乳児湿疹

乳児期(0~1歳)にできる皮膚炎の総称です。乳児は一般的に肌のトラブルが多いです。
理由は皮膚が大人より薄く、外部からの刺激を受けやすいことや、生後2~3カ月までは皮脂が多いが、それ以降は皮脂が減って乾燥しやすくなるということがあげられます。

保湿剤や炎症をおさえる塗り薬などで治療します。

おむつかぶれ

おむつかぶれ

おしっこやうんちの刺激、オムツとの接触による摩擦、オムツの中のむれなどが原因です。下痢をしているとオムツかぶれが起こりやすいです。カンジダという真菌や他の細菌が原因の事もあります。

皮膚を保護するような塗り薬、原因に応じた治療を行います。

とびひ

細菌が皮膚に感染することで発症し、人にうつる病気です。かきむしった手を介して、水ぶくれがあっという間に全身へ広がる様子が、火事の火の粉が飛び火することに似ているため、“とびひ”と呼ばれています。

原因となる細菌に対する抗生剤の飲み薬、塗り薬で治療していきます。

みずいぼ

みずいぼ

みずいぼはウィルスが原因でおこる皮膚の感染症です。お子さんに多い病気です。

治療はピンセットでみずいぼを摘み取ります。麻酔テープの使用により痛みを和らげる事ができます。

麻酔テープ

あせも

あせもとは、汗を多量にかいたあとに、皮膚に細かい水ぶくれやぶつぶつが現れる病気です。汗が出やすい夏に多く、小児に発症しやすい病気です。かゆみはあまりないことが多いですが、湿疹を併発するその場合はかゆくなります。

塗り薬で治療していきます。

Page Top